錺金具

京仏壇のできるまで-錺金具

仏具や仏壇を豪華に彩る錺金具には、構造上の必要性や本体を保護するためにつけられたものが装飾化したものと、純然たる装飾金物があります。例えば、宮殿や須弥壇など大部分の仏具の金物は前者ですが、金幢幡や宝冠、瓔珞などは後者になります。錺金具には宝相華唐草が主だったが、また近代になって、牡丹、菊、蓮など様々な植物を文様化したものや、亀甲、七宝、綸子などの幾何紋様までが精細に加飾されており、日本独特の工芸技術として発達しました。錺金具には大別して、上記の紋様を銅版に線刻した「平金物」(毛彫)と透かし紋様を切り抜いた「透か彫」、そして立体的に薄肉彫に仕上げた「地彫」の三種類がありますが、いずれの場合でも、洗練されたセンスとデリケートな技術が要求されます。つまり、優れた「デザイン」とデザインを活かす技とが工芸品としての価値を決定します。また、錺金具を仏具や仏壇などの装飾として用いる場合は、本体との調和が最も大切なことです。

>>次の工程へ

木地 - 屋根 - 木彫刻 - 漆塗 - 蝋色 - 純金箔押 - 錺金具 - 蒔絵 - 彩色 - 総合組立 - 仏像彫刻 - 金属