彩 色

京仏壇のできるまで-彩色

仏像仏具や寺院全体に施されている彩色には次の三種類があり、それぞれの特徴が あります。 極彩色 木彫に胡粉の下地をして何度も色を塗り重ねる重厚な味の出しやすい一般的な彩色法 木地彩色 木の素材を充分に生かした彩色法で、極彩色と異なる点は、淡い絵具を使用し、木の上に 直接彩色する効果を出す彩色法 箔彩色 金粉押をしたその上に木地彩色と同じ様に淡い色使いで、金箔と絵具の融合で透明感の 出しやすい彩色法 技術的には膠を接着剤にして、岩絵具・水干絵具を素材である彫刻等に定着させます。 又、絵具の調合が大変重要な要素の一つでもあります。それによって京都で出来た仏像 であり木彫であるということが判明します。 又、彩色には塗る工程と描く工程とがあります。古来よりよく使われている家相華、 唐草、花鳥、四神、四霊等を描き入れていきます。他に仏画、壁画、襖絵、天井絵等も 彩色の一貫の仕事です。

>>次の工程へ

木地 - 屋根 - 木彫刻 - 漆塗 - 蝋色 - 純金箔押 - 錺金具 - 蒔絵 - 彩色 - 総合組立 - 仏像彫刻 - 金属