京仏壇・仏具の起源

仏具は仏をまつる荘厳用具として、民衆の生活、習慣に支えられて発達してきたものであり、その製作は多くの工芸技法を結集した総合工芸というべきものであります。  
京都における仏具の製造は、平安仏教を特色づけた最澄、空海の時代からであろうと推定されますが、やはり11世紀はじめごろ仏師定朝の「七条仏所」創設によって、本格的な仏具製造の基礎を固めたものと考えられます。 当時七条は鋳物師、鍛冶、金銀細工師などの集住地であったと「新猿楽記」に記されおり、金属仏具との関連性を見いだすことができます。
これらの仏像や仏具は専ら寺院用で、家庭用仏壇は厨子の変化によるものと思われますが、江戸初期の宗門改め制度によって各家庭に普及し、その需要が増大したものであります。
このような起源をもつ京仏壇・京仏具はそれぞれの製造過程が分業で、工程を異にしながらも、お互いの関連性において固く結ばれ、総合工芸としての本領を発揮しつつ、今日まで発展を続けてきたのであります。
京仏壇・京仏具が国の伝統的工芸品産業に指定され、業界は一致協力、更に意匠と品質の向上と適正価格に努力いたしまして、京仏壇・京仏具の普及に精進する決意でございます。
なにとぞご指導とお引立てたまわりますようよろしくお願い申し上げます。